Top > Profile

『Anabas Planning』について - About [Anabas Planning]

『Anabas Planning(アナバス・プランニング)』は、
「様々なアイデアをカタチにして世の中に提供していこう!」
という目的で設立されたデザイン企画事務所です。

「これは面白い!」「これが欲しい!」と求められるモノは、
可能な限り何でも、カタチにして「表現」「共有」「提供」できるようにしていくことを、理念としています。

『Anabas Planning』は、より良いデザインが、あなたの生活に潤いを与え、心に程良い和みを生み出すことと信じています。

Line w640

代表者 - Representative

Ken MIZUNO
水野 健 - Ken MIZUNO
1972年愛知県生まれ。2歳頃に岐阜県羽島郡川島町(現:岐阜県各務原市川島地区)に引越、それから地元の小学校、中学校へ進み県立各務原東高等学校に入学、美術部にてデッサンの基礎を学ぶ。その後名古屋デザイン専門学校卒業まで、釣りをしたり絵を描いたりして過ごす。名古屋のゲーム会社に就職、3年ほど経って当時の開発部長から「会社を立ち上げるから一緒に来て」と誘われ、別のゲーム会社に立ち上げ時から参加。グラフィック技術担当として勤務。それから4年ほどして、会社閉鎖に伴い転職。鉄道会社傘下の引越会社でシステム情報管理担当兼印刷物版下制作などをしながら、経理・財務を学び、財務担当として10年ほど勤務。そろそろ転職をと思っていた矢先、東京で折り紙作家をしている知人(今では恩人)に個人事務所に勤めないかと誘われ上京。1年半勤務をするも体調を崩し帰郷。これまでの経験と技術力を活かす為に、地元にてデザイン企画事務所を立ち上げる。
趣味は、創作折紙、LEGOによる創作活動、渓流釣りなど。愛車はスズキジムニー(JA22Wの5MT)。最近は健康の為に、ときどきMTBにも乗り始めている。
愛読書は、「五輪の書(読み返す度に自分なりの解釈が異なり、自分の経験の積み重ねが確認できるところが味わい深い)」、「魔法の国ザンスシリーズ(ハヤカワ文庫でも充分面白いが、最近は原書のジョークが気になり2冊ほど購入。英単語の解らなさに悪戦苦闘しながらたまに書棚から引っ張り出して眺める始末)」など。

Line w640

スタッフ - Staff

Kaori MIZUNO
水野 香織 - Kaori MIZUNO
岐阜で生まれて育った、生粋の岐阜人(ぎふじん)。
地元の小・中・高等学校を卒業後、名古屋市内のデザイン専門学校へ進学・卒業後、岐阜の印刷会社で8年ほど、各種印刷物のデザイン・版下(写植〜Macintosh DTPまで)作成や社内のMacintoshのDTP化、出力サービス(大型インクジェット・プロッタ他)の受付〜デザイン・データ作成〜出力までを行う。
出産の為、やむなく退社。
2ヶ月後、前勤務先のクライアントから仕事を依頼され個人でDTP・WEB等の仕事を始める。
その仕事の傍ら、地元の水族館の広報室や名古屋のIT系・デザイン系専門学校の講師として2年間ほど勤務し、実務系の授業を担当。
夫の転職に伴い上京。
個人事務所(ギャラリー併設)にて書籍の発送担当として1年半勤務。
そして、地元に戻りアナバス・プランニングスタッフとして仕事をスタート!

仕事に対しての心構え
・お客様・クライアントに喜んでいただけるデザインを心掛けています。
・〆切りはお客様都合以外は厳守で行っております。
・予算に関係なく、いいものを作ろう!!といつも考えています!!

Line w640

Anabasとは? - What is Anabas?

Anabas 和名:キノボリウオ(木登り魚)、アナバス
英名:Climbing perch
学名:Anabas testudineus (Bloch, 1792)

 アナバスとは、東南アジア地域に生息する淡水魚の名前です。現地では、日本でいう鮒のような存在で、食用にもされ、20cmそこそこまで成長します。
 この魚は、棲んでいる川が干上がったり、環境が悪くなると、岸辺に這い出て近くの水辺まで移動することがあります。正面から見ると、少し間抜けなくらい幅が広く、目の位置も少し前方よりなのは、この習性によるものでしょう。
 とても生命力が強く、私が数十年前に飼育していた頃は、旅行から帰ってくると水槽から脱走して、カーテンの下(板の間)で休んで(?)いるのをみつけたことがあります。慌てて保護したのですが、とにかく、水槽に戻すと元気に泳ぎ出すその姿にただただ感嘆したことを思い出します。
 こんな生命力と、よく見ると愛嬌のある、独特のカタチを持ったこの魚が大好きになり、魚の飼育をしなくなった今日まで、ずっと自分のハンドル名としてAnabasを利用させてもらってきました。
 この度、デザイン企画事務所を立ち上げることとなり、是非、このアナバスの様な強い生命力で世の中に存在し続けていければと思い、事務所名に使わせていただきました。

Ken MIZUNO


Line w640
…とここまで書いてみましたが、これでは、まったく何をしているのか判りませんよね?(苦笑)

基本、頼まれたら何でもやってみる「何でも屋」ですが、専門は「デザイン屋」でして、デザインの中でもグラフィックデザインと言われる、印刷メディアや看板などの平面デザイン、あらゆる造形物や3Dグラフィックスなどの立体デザインが主になります。
さらに得意分野は、紙を主体とした印刷物向けのデザイン。
名刺、ハガキ、フライヤー(チラシ)、リーフレット、ポスターなどから冊子、書籍、画集など。
立体物では、折り紙やペーパークラフト、クレイモデルなど。

…とはいえ、夫婦二人で家内制手工業的にやっています。
あんまり大きな仕事は手に余るので…
比較的安価で、融通が利いて…それでいて仕上がりはプロの技を!
…そんな方々の声を聞いて、答えて、何とか生き長らえている毎日です。感謝、感謝♪
Line w640

Copyright 2010-2013 Anabas Planning all right reserved.